かえでの「こだわりCLAY工房」 ~フェイクスイーツ制作日記~

フェイクスイーツ/スイーツデコ作家"かえで"の制作日記です。 思わずかじってみたくなるような、リアルで美味しそうな作品を目指しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メモスタンド(第二弾)&シリコーンクリームを平らにするコツ♪

タルト型の在庫があったので、メモスタンドを作成しました。

では、製作過程を紹介します。
まず、セリアに売っていたメモスタンドのパーツを強引にペンチで曲げ、それをグル―でタルトに固定しました。
グル―で固める
ひさしぶりに使ったグル―の感触がおもしろかったので、必要以上に入れています。
流し方が雑すぎるのは、気にしない方向で(^_^;)

次に、シリコーンのクリームをどかっと入れます。
シリコン投入

その後、クリームを平らにします。
ならしたクリーム

このクリーム、指で平らにしたんですよ(^^)/
そのまま指でクリームを触ると、ねと~んとくっつくいて大変なはずなのに、不思議じゃないですか?

その秘密は
「石鹸水」

指に石鹸水をつけると、シリコンがつかないのです。
私は、家にたまたまあった「キレイキレイ 薬用泡ハンドソープ」を指につけながら作業しました。
ぜひ、お試しあれ~。

そんなこんなでいちごクリームタルトの完成!(はしょりすぎ!?)
いちごクリームタルト

ホイップの上にチゴとブルーベリーをのせたのですが、全体的になんだかイマイチな感じになったので、クリームの上にいちごジャムを塗りたくりました。
クリーム、あんまり意味なかった。。。

今回もいきあたりばったり炸裂という感じでした。(実は、このデザインに落ち着く前にいくつかフルーツパーツの付け外しを繰り返してます。フルーツについたシリコンが落ちなかったので、再利用が厳しい感じに(>_<))
このあとレジンでいちごジャムの表面をコーティングしたり、タルトに艶消しニスを塗ったりして完成させる予定です。

「材料」
クリーム:シリコーン
タルト:ハーフセラをアクリル絵の具の黄土色で着色。その後タミヤの「焼き色の達人」で焼き色をつけた。
イチゴジャム:タミヤのトッピングの達人、つぶつぶいちごソース

******

↓ランキングに参加してみました。よかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェイクスイーツへ
にほんブログ村

↓こちらもポチっとお願いします。

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : ★粘土スイーツ★

[ 2013/02/26 21:38 ] 製作過程 | TB(0) | CM(0)

クッキー新作

先日のワンデイショップの前の日、新作が無い!と思って、あわてて在庫パーツを使って作った作品です。
クッキー新作

スワロは最近使ってなかったのですが、キラキラ系を使ってアクセっぽく仕上げたほうが一般受けするので(^_^;)ワンポイント程度ですが久しぶりに使ってみました。
(といっても、デザインは幼児から低学年向きかな?)

う~ん、なんというか、センスが欲しい orz
いちごのは、もうひとつスワロをつければいいのか?
キウイとか微妙すぎるけど、どう修正したらよいのやら
本とかを読んで勉強すればいいのかしら???

どれを販売するかは別にして、すべてストラップに加工しました。
シンプルなのでお求めやすい価格にしようと思います。

******

↓ランキングに参加してみました。よかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェイクスイーツへ
にほんブログ村

↓こちらもポチっとお願いします。

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : ★粘土スイーツ★

丸ごといちごの作り方

丸ごといちごを量産しました。

*「丸ごといちごの作り方」by かえで*
まずはモデナを丸めて爪楊枝に差します。
片手で爪楊枝を回しながら、反対の手で粘土の先を細らせ、いちごの形にします。
種は、ストローをしずく型にしたものを、ひとつひとつ押し付けて作ります。
そのあとは粘土が乾燥して固くなるまで待ちます(今回は3日ほど乾燥させました)
しろいちご


次に、タミヤカラー、水性アクリルのクリヤーレッドを筆につけて塗ります。
このとき染料を筆にふくませすぎると塗料が種の穴にたまってしまうので、容器の脇で筆をしごいたほうが良いようです。その後は種の部分に塗り残しがないように、筆をこまめに動かしながら少しずつ塗り進めていき、乾かします。
1度塗りでは色が薄いため、3度ほど塗り重ねるとできあがり!

まるごといちご
いちご畑?の完成です♪
完成品を台から外すときは、いちごを収穫している気分になってちょっと嬉しい(*^_^*)

このあと、種を塗ってもよいのですが、一度失敗したきり挑戦してません(^_^;)。
いつか、種塗りいちごを極めたいな~。

******

↓ランキングに参加してみました。よかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェイクスイーツへ
にほんブログ村

↓こちらもポチっとお願いします。

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : ★粘土スイーツ★

[ 2013/02/20 18:52 ] フルーツ | TB(-) | CM(0)

こっち向いて! ~ペンのラッピングのアイデア~

クリップ付きペンのクリップ部分にデコった物を作ったのですが、ラッピングすると写真左のようにデコった部分が横を向いてしまって困っていました。
マスキングテープを貼って正面をむかせみましたが、いつの間にか元通り。
そっぽ向いてばかりいないで、ちゃんとこっち向いてよー。
いやん、切ない(←?)

それを解決したのが右のラッピング。
デコの部分が正面を向いてるでしょ?(*^_^*)
横向きラッピング

どうしたのかというと
えんぴつ箱
ペンより少し大きめのサイズの箱を輪切りにし、右のように折り曲げて後ろの紙に貼っただけ。
(この時は、たまたま家にあった無印のえんぴつの箱を使いました)
箱が伸び縮みするので、ペンの太さがある程度違っても対応できます。
透明のケースとかを使えば、さらにわかりやすくなると思います。
よかったら、参考にされてくださいね♪
(ブログなどで紹介する場合はリンクを貼っていただくと泣いて喜びます。リンクフリーです♪)

******

↓ランキングに参加してみました。よかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェイクスイーツへ
にほんブログ村

↓こちらもポチっとお願いします。

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : ★粘土スイーツ★

[ 2013/02/16 16:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

すけるくんの変色(まとめ)

ミカンが白くなった件について、「すけるくん 劣化」のキーワードで調べてみました。
同じように白くなった、透明感がなくなったという報告が出てきましたので、やはりすけるくんは、半年から1年で透明感がなくなることがあるようです。

この「すけるくん」という粘土、フェイクスイーツではとってもメジャーな粘土なので、こんなに激しく劣化する場合があるとは思っていませんでした(T_T)。

問題をはっきりさせるために、すけるくんのメーカーに問い合わせたら、
・一年もたつと透明感が無くなることもある。
・すけるくんコート液を塗ることで透明感がなくなるのを遅らせることができる。
・シリコーンにのせることで成分の化学変化により劣化が早くなる、といったことは無い(前回の仮説への回答)
とのことでした。

今回の反省をふまえ、今後作品を制作&販売する際は
・古くなった粘土は使用しない(粘土の劣化が進んでいる可能性があるため)
・今後制作するときは、すけるくんには必ずすけるくんコート液を塗る
・「保存状態により、時間の経過とともに透明感が無くなる可能性がある」ことを可能な限りお客様に説明する


という対策をとりたいと思います。
お客様には、知識&説明不足によりご迷惑をおかけしました。
今後も、商品がより長くいい状態を保てるように調査&研究していきたいと思います。

現在、手元にすけるくんコート液がないため、入手できしだいサンプルを作って比較したいと思います(結果がでるのに時間がとってもかかりますが。。。)
何か結果がでたら、このブログでお知らせしますね。

それと同時に、経年劣化の影響を受けにくい素材も探していけたらと思っています。

******

↓ランキングに参加してみました。よかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェイクスイーツへ
にほんブログ村

↓こちらもポチっとお願いします。
[ 2013/02/13 10:48 ] 粘土 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。